オフショアラボ開発

ラボ型オフショア開発とは?

オフショア開発とは、オフショアリング開発の略語で海外ではアウトソーシング(外注)開発などと呼ばれているように、システム、ソフトウェアの開発を人件費の安い海外の会社に外注するタイプの開発形態を指します。
ラボ型開発とは一定の契約期間に契約者専用の開発チームを作り、制作に当たるというオフショア開発の開発形態のひとつです。
オフショア開発は大きく「受託型開発」と「ラボ型開発」に分類できます。
また、最近ではラボを使ったBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、CADを使った設計や3Dデザイン、イラストの色付け、画像処理、経理業務やネットショップの運営など、自社の業務の一部を他社にアウトソーシングするのではなく、自社のコントロール下におきながらコストダウンを図るというラボ活用のケースも増えてきています。

ラボ型開発と受託型開発の違い

受託型開発は仕様を伝えれば要望通りのソフトウェア・アプリケーションができるので、ITについて詳しくない事業会社がシステム開発をする際の外注先として最適です。
ラボ型開発は依頼者が担当者を設けて直接開発チームを指揮し、プロジェクトマネジメントまで行うため、シテム制作会社のコスト削減のための開発部隊として最適。ノウハウの蓄積やコスト削減につながります。
開発コスト
ノウハウの蓄積
開発知識の必要性
プロジェクトマネジメントコスト
メンテナンスコスト
短期の契約
失敗リスク
開発チーム取得
受託型開発

なし



短期の契約
高い
不可能
ラボ型開発

可能



中長期の契約

可能

オフショア開発をする目的

オフショア開発をする最大の理由はずばりコストカットです。優秀な人材の確保、社内リソースの不足分の補完など様々な理由はありますが、コストを削減するというのがもっとも重視されるポイントになります。
当社のラボ開発はどこよりも低価格でサービスを提供指せて頂いております!

詳しくはラボ開発料金プランページをご参照ください。