ベトナム会社設立支援

出来るだけ低コストで会社を設立したいというお客様に

ワコンチェの会社設立支援パック
例)外国人名義での1人有限会社設立(ITライセンス)の場合
一般的な日系の支援会社 申請書作成
資本金 1000万円以上用意
文書の翻訳(別料金)
各種サポート(有料)
合計費用 8000ドル~
ワコンチェ支援パック 申請書作成
資本金 100万円~申請可能
文書の翻訳 (込み)
各種サポート(無料)
合計費用 4000ドル~!

※必要なライセンスによって金額は変わってまいります。

株式会社Wacontre(ワコンチェ)とは?
当社はベトナムでウェブサイトの開発やシステム開発事業を営んでいるIT企業です。
ベトナム語のウェブサイト制作やベトナム向けのインターネットマーケティング支援事業も行っていることから、これからベトナム進出をされるお客様をワンストップで支援するため、ベトナムでの会社設立登記サポートや労務管理などのコンサルティング事業もしております。
ベトナムで設立できる会社の種類
1人有限会社 出資者が1人(個人または組織)の有限会社
2人以上有限会社 出資者が2人以上(個人または組織)の有限会社
株式会社 出資者が3人以上の株式会社
ベトナムの会社設立登記に必要な書類
(例)1人有限会社を設立する場合
a) 投資証明書発給申請書
b) 会社定款草案
d) 認証済みのパスポート(個人の場合)
e) 投資家の財務能力を証明する文書
f) 設立者の居住賃貸契約書
g) 設立事務所の賃貸契約書
h) 案件に対する説明書
i) 手続き代理人への委任状
j) 設立者のスキルを証明する資料
公証済みのコピー
ベトナム語で作成
大使館/領事館で取得
銀行の残高証明書
オーナー(大家)の同意書(要公証)が必要。
英語版/ベトナム語版を用意
事業説明書
英語版/ベトナム語版を用意
関連する事業に関する過去の実績、会社の在籍証明書など。

 

※法改正/ルール変更によって必要書類が変わることがあります。

必要な書類はわかっていても、必要書類や役場でのやり取りは全てベトナム語で行うため、必ずベトナム人の助けが必要になります。一番低コストで会社を設立されたいのであれば、ベトナム人を採用して手伝ってもらうことです。
しかし、会社設立をしたことがない人だと書類の準備に不慣れな手続きに時間をロスしてしまいますし、信頼できるスタッフを探すのは大変です。
そこでベトナムで会社の設立登記をする場合は代行サービスに依頼するわけですが、日本人を多く抱える日系のコンサルティング会社は費用が高くなりがちです。
当社では契約弁護士に手続きの代行を依頼しており、当社は弁護士とお客様のやり取りのサポートを致しますので、最低限の費用で会社設立できます。
ベトナムでの会社設立登記サポートの料金例

※日本法人で処理する場合は消費税8%、ベトナム法人で処理する場合は10%のVATが掛かります。

ITライセンス、コンサルティングライセンス以外の高難易度ライセンスを
ご希望の場合は別途お見積りを致しますので、
お気軽に事業内容をご相談下さい。

費用について
含まれる費用

申請手数料、定款・財務諸表、登記謄本の公的翻訳機関によるベトナム語訳とその認証、
ベトナムでの各種公証、パスポート認証料金、オンラインによる設立告知費

含まれない費用

ベトナムでのオフィス賃貸料金、日本側での公証・書類取得費
※登記のできるオフィスについてはサービスをご紹介します。

companysupport_q

投資許可証、企業登録証明証の取得、印鑑の作成、オンラインでの設立告知を以って弊社での会社設立サポートは完了となりますが、会社設立後に必要な業務がございますので、下記をご参照頂ければ幸いです。

1) 会計士の選定

外国法人の場合は2年目以降に主任会計士をつける必要がございます。

2) ビジネスライセンス税(営業許可税)の支払い

会社設立完了30営業日以内に支払う必要がございます。税額は企業規模によって違ってまいりますが、資本金が20億ドン(日本円で約1,000万円)の場合は100万ドン(約5,000円)になります。

3) 法人銀行口座の開設

取引口座、資本金の送金に必要な資本金口座と分かれているのでご注意下さい。

4) 資本金の送金

ベトナム国外から法人の”資本金口座”に対して資本金の送金が必要です。最近は資本金額に関わらず設立完了後3ヶ月以内の送金が求められることが多くなってきておりますのでご注意下さい。
送金目的を”資本金(Capital)”とする、送金額は資本金額をきっちり過不足なく送金する必要があるなど、注意が必要です。

5) 税務の報告(電子報告用トークンの購入)

ベトナムでは毎月の会計報告、四半期毎の納税となっており、報告は会社ごとに指定した会計士が行います。
電子報告のためには専用のトークンを購入する必要がございます。

6) 監査

外資系企業は決算後3ヶ月以内に監査法人の監査を受ける必要がございます。

オフショアラボ開発サービス内容アイコン 過去設立案件(一例)
通信・IT系
・Stage Group Vietnam様 (IT/ソフトウェア開発)
・E-trust様 (IT/ソフトウェア開発)
・ジルネスタ様(IT/ソフトウェア開発)
・パックスクリエイション様(IT/ソフトウェア開発)
・Vietnam Samurai様 (通信機器レンタル)
製造・建築・設計系
・鈴木電装様(製造)
・株式会社エフピー様(設計)
・ドムスデザイン様 (設計・インテリアデザイン)
・株式会社滝川様 (建築)
コンサルティング系
・南青山会計様 (会計コンサルティング)
・ファーストシステムコンサルティング様 (各種コンサルティング)
・Anet様 (人材コンサルティング)
・八紘都市開発様 (不動産コンサルティング)
・JACアクアスタッフ様 (水処理工場コンサルティング)
・Tyconnect様 (ベトナム進出支援)
会社設立ご契約までの流れ

ベトナム会社設立の流れ

★会社設立、駐在事務所設立完了後はViecoiという別会社でベトナム人の人材紹介も承ります。

☆少人数でスタートをお考えのお客様は会社設立不要のラボが便利です。

ラボ開発サービスでは1ヶ月7万円~でベトナム人スタッフが確保できます。オフィス代、会社維持費(総務スタッフ・会計士)、人材紹介料はかからず、PHP,JAVA,Perl,RubyといったプログラマーやCAD設計、デザイナー、経理会計業務、画像処理、ネットショップ運営といった社内の作業のコストカットのためのBPOラボとしてもご活用いただけます。
人数が増えてくれば会社を設立してラボの独立の可能です!

ラボ開発サービスについて詳しく見る